投稿者「Komei Matsudo」のアーカイブ

『10万円』を必ず届ける!


皆さま、こんにちは!

本日、公明党松戸市議団は、藤井・秋林両県議とともに、本郷谷市長に対し、「子育て世帯への臨時特別給付金の支給を受けていない離婚世帯等への支援を求める緊急要望書」と提出しました。

実は、公明党が推進した18歳以下の子どもへの10万円の給付について、国が定める基準日以降に離婚したりした場合、子どもを引き取って生活しているひとり親が、10万円を受け取れない事例が発生してしまっており、本日の緊急要望となりました。

困っている人にこそ、力強い支援の手を届けてまいります!


公明党松戸総支部新春街頭演説会


皆さま、こんにちは!
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

本日、公明党松戸総支部新春街頭演説会を開催し、八柱駅には「平木だいさい」千葉県本部代表が、松戸駅には「竹内しんじ」参議院議員(次期参院選予定候補)が駆けつけてくださり、勢いよく出発させて頂きました。

竹内しんじ参議院議員からは、党創立者から「大衆とともに」の立党精神が示されて今年で60年を迎えることに触れ、「”小さな声を聴く力”を養い、ネットワークの力を存分に発揮していく」との訴えがありました。

私も、連続勝利に向けて全力で取り組んでまいります。
引き続きのご指導ご鞭撻を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。


松戸市は現金で一括10万円給付となりました!

皆さま、こんにちは!

18歳以下の子どもたちへの10万円相当の給付について、松戸市の方針が決まりましたのでお知らせいたします!

松戸市では、0歳~中学生まで子どもたちには、12月27日(月)に現金で一括10万円を給付することになりました!
対象世帯には、12月21日付でお知らせ通知が再度発送されます。

また、高校生のみの世帯と、令和4年3月31日までに生まれた子どもたちには、1月以降に給付予定です。

私ども公明党松戸市議団は、去る12月9日、本郷谷市長に対し、10万円全額の「現金給付」を要望しており、また、政府も自治体の判断で全額現金給付を選択できるようしたことが反映されました。

公明党は、今後とも、本市の子どもたちを力強く支援し、その未来を拓いてまいります!


「次世代の人材育成に向けた子ども・子育て支援に関する緊急要望書」を提出

本日、公明党松戸市議団は、本郷谷市長に対し「次世代の人材育成に向けた子ども・子育て支援に関する緊急要望書」を提出し
1.高校3年生までの子どもたちへの10万円給付について、全額「現金給付」を行うこと
2.子ども医療費助成制度の対象年齢を早期に「高校3年生」までに拡大すること
の2点を要望いたしました。

公明党は、次世代の人材育成を「社会の責務」ととらえ、子ども・子育て支援に全力で取り組んでまいります!


「令和4年度予算編成要望書」を提出

本日、公明党松戸市議団は本郷谷市長に対し、「令和4年度予算編成要望書」を提出致しました。

私ども公明党は市民の皆さまからお伺いした声を受けて、毎年の予算編成への提言を行ってまいりましたが、本年も26分野407項目(うち新規69項目)の要望を行いました。

新型コロナウイルス感染症の拡大で、市民生活は大きな打撃を受けており、市民に寄り添った更なる支援を強く要請してまいりました。

今後とも、一つでも多くの政策の実現を目指し、全力で取り組んでまいります!


「児童生徒の登下校時の安全対策に関する緊急要望書」を提出

去る28日、千葉県八街市において下校中の児童の列にトラックが突っ込み、5人の児童が死傷するという痛ましい事故が発生してしまいました。

公明党松戸市議団は本日、本郷谷市長へ通学中の児童生徒の安全対策に関する緊急要望書を提出しました。

児童生徒の安全確保のためには、市を挙げて、改めて通学路の緊急対策の拡充強化が必要です。

市長からも、「早速、取り組んでまいりたい。」とのお言葉を頂戴しました。

お亡くなりになられた児童のご冥福を心からお祈り申し上げるとともに、私ども議員団も、子どもたちの安全安心のために、不断の努力を続けていく決意を新たにしました。


ワクチン接種に関する緊急要望書を提出

本日、公明党松戸市議団は、本郷谷市長に対し「新型コロナウイルスワクチン接種に関する緊急要望書」を提出いたしました。
千葉県においても、まん延防止等重点措置の対策が取られているところですが、何よりも市民の皆様への円滑なワクチン接種を進めることが重要です。
松戸市では、5月10日より65歳以上の高齢者への接種が始まっていますが、私どものところには、市民の皆さまより様々なお声を頂戴しており、より一層の円滑なる接種推進を求めました。
今後とも、市民の皆様に寄り添いながら、接種の推進に取り組んでまいります。


「女性の負担軽減に関する緊急要望書」提出

本日、私ども公明党は本郷谷市長に対し、経済的な理由で生理用品を買えない女性への支援を求め、「女性の負担軽減に関する緊急要望書」を提出致しました。
自民・公明の政府与党は、去る23日、新型コロナウイルスの影響で生活に苦しむ女性向けに生理用品を無料配布することを閣議決定しており、他党に先駆けて国会質問や提言を行ってきた公明党の主張が反映されています。
本日は、生活困窮者への生理用品の支給をはじめ、分散備蓄倉庫への配備や、公立小中学校や公共施設のトイレへの生理用品配置の検討も要請致しました。
市長、副市長をはじめ、担当部長4名も同席していただく中、私どもの思いを一にしていただき、早急に取り組む旨のお話しも頂戴しました。
公明党は、今後とも、全ての市民寄り添った施策を推進してまいります!!


令和3年度予算編成要望書を提出

本日、公明党松戸市議団は、本郷谷市長に対し、令和3年度予算に係る「予算編成要望書」を提出致しました。

今回は市政全般にわたる13分野312項目の要望となりました。

新型コロナウイルス感染症の収束がまだまだ見えない中、本市にあっても、少子高齢化の進展、全世代型社会保障の確立、防災・減災対策、新たな街づくり等々、課題が山積しており、私ども公明党市議団は市民の皆さまから頂いたお声をもとに、予算要望書として提出させていただきました。

更なる市民福祉の増進を目指し、一つひとつの要望事項の実現に向けて全力で取り組んで参ります❗


75回目の終戦記念日

本日は8月15日。 75回目の終戦記念日を迎えました。
終戦記念日に当たり、全ての戦没者の方々に謹んで哀悼の意を表しますと共に、ご遺族の皆さまにお悔やみを申し上げます。
また、先の大戦の戦傷病者の皆さまに心からお見舞を申し上げます。

8月15日は、「戦争を二度と繰り返さない」との「不戦」と「平和」を誓い合う日です。
公明党は過去の侵略を反省し、戦争の残酷さを語り伝えていくことを固く決意しています。
公明党松戸市議員団も、JR八柱駅とJR松戸駅の2ヵ所において、終戦記念日・街頭演説を行い、改めて平和への決意を訴えさせていただきました。

今、世界は新型コロナウイルスの感染拡大により、様々な困難に直面しています。自国中心主義の台頭もみられ、国際協調の衰退を危惧する指摘も少なくありません。
私ども公明党は、この半世紀「平和の党」として闘い抜いてきた使命と責任を肝に銘じ、今後とも世界の平和と人類の繁栄に貢献する国づくりに邁進してまります!